マエダシゲミチの日記

30歳 Webディレクター 東京なう

【フリースタイルダンジョン】2代目ラスボス「R-指定」と4人目の器を持つ「呂布カルマ」の両方を倒せる可能性があるMCを考えてみた

フリースタイルダンジョン】2代目ラスボスR-指定と4人目の器を持つ呂布カルマの両方を倒せる可能性があるMCを考えました。

f:id:shigemichi_maeda:20190513012923j:plain

こんにちは。 マエダシゲミチa.k.aだーまです。

般若が引退して、2代目ラスボスとしてR-指定の就任が決まりましたね。

呂布カルマでもいい気がしますが、妥当中の妥当

っていうか、呂布カルマとR-指定のコンビってヤバすぎますよね。

こんな単語が頭を駆け巡る・・・!

とにかく楽しみです。

R-指定と呂布カルマの負けパターンを整理する

さて、まずは初代モンスターの時には鉄壁と呼ばれていたR-指定のダンジョンの成績を振り返ってみましょう。

R-指定が個人戦で負けたのはたったの5回。

パターンに分類すると以下のような感じでしょうか。

  • 身内だから負け(KOPERU・晋平太)
  • 力負け(崇勲・TK)
  • いろいろあって負け(焚巻)

まず、身内に対して非情になれないことについては、R-指定最大の弱点として認知されていると思います。

ピースフルな雰囲気を出すと、殺気が消えて強さが3割減。

R-指定が本当に強かった「CIMA」「スナフキン」「歩歩」戦は、行でワンバース蹴った時点で会場の空気を持っていってましたよね。


力負けをした崇勲TKとのバトルについては、攻め手を欠いたことが原因でしょうね。

TKとのバトルについて補足をしておくと、これはパンチラインフェチズ(崇勲・NAIKA MC・TK)が上手すぎましたね。

僕はてっきり4thバトルは、崇勲だと思っていました。

おそらく、R-指定もそう思っていたのではないでしょうか。

そこに出てきたTKが準備万端で、バイブス・フロウ・対話・韻・アンサー・ディス、6要素全てにおいて完璧なラップをしてしまったので、どうしようもない。

最後に「こっちが横綱じゃ~ん。」で締めたとき、テレビの前で思わず頷いてしまうほどの完璧な押し相撲での勝利


なぜ押し切られてしまったか、R-指定の弱点のひとつに、過去の話を持ち出すというのがあります。

実質負けではないか?と思うACE戦DOTAMA戦などで言った「お前が踏んだ韻はオレがn年前に踏んだわ!」みたいなやつですね。

困ったらそれがでてしまうイメージ。

ちなみに、関西(大阪)のラッパー相手には「関西(大阪)といえばオレやろ!」と言いますね。

付き合いが長いTKも、昔のことを言われることを予測していたのか、R-指定の曲「未来予想図」を引用して完璧なカウンターを決めました。

これはR-指定の倒し方として一番再現性がありそうです。

最後に「VS焚巻」ですが、これは実際に負けたというよりも、3rdラウンドが見たい皆の願いがクリティカルを生んでしまった感がありますね。

焚巻のラップの聞き心地のよさ、あまりバトルで戦績を残していないフレッシュさ、早口ラップと滑舌というわかりやすい武器。

そんな要因が噛み合った感じでしょうか。


次に、4人目に君臨するであろう呂布カルマについても触れておきましょう。


昔、呂布カルマ輪入道をぶつければ死ぬ」という時期がありました。

2016年KOK、2016年罵倒で両方とも輪入道に完敗したときには、呂布カルマ「筋が通ったやつにはディスが効かないから勝てないんじゃないか」という疑惑がありましたよね。
ただ、今は一回り強くなって、まさに4人目として君臨すべきMCになりました。
出てくるたびにワクワクするのは僕だけではないでしょう。

モンスターになったことでもともと持っていたクールな部分に加え、意外とおちゃめな部分が垣間見えて、魅力が一層増したように感じますよね。

そんな呂布カルマがダンジョンの通常回で負けたのは、MUTON、MC ニガリa.k.a赤い稲妻 、lick-g、CIMAとCHEHONのみ。

細かく分析はしませんが、ディスが効かない(lickは聞いてない)相手と、突出したスキル(韻やフロウ)勝負をされると分が悪いかもしれない。

裂固、SAM、KBDに負けたのも韻の連打による押し負け。
特に、忘れられないのは戦極でDRAGON ONEに負けたときの「インド人もびっくりの韻と韻のシンフォニーを」に対するリアクション。

もう1つ呂布カルマの弱点をあげるとするなら、レペゼン〇〇の話になったときに押し負ける傾向があること

戦極のGIL戦やダンジョンのCIMA戦にこのパターンで負けています。

本物のMCは場所を選ばないという主張は一貫していてとても好きだが、バトルでは不利になるかもしれませんね。


さて、そんな2大巨塔(ダブルR)に勝てる可能性があるのは誰なのか!?
現モンスターも含め、倒せる可能性だけを考えてみました。

それではどうぞ!

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその1
崇勲

唯一無二。

現モンスターが解体される仮定ですが、1番可能性があるのが崇勲かなと。

初代モンスターのシーズンではR-指定を、年末には呂布カルマをボッコボコにした。

勝つときは本当に完勝する。

ダンジョンモンスターとしても、SAM、ふぁんく、JAKEの強者を倒しているので、決してお荷物ではない。

崇勲は他に似たMCを探すのが難しいですよね。

ハンターハンターで言えば特殊系能力者

KOKのGADORO戦や、ダンジョンのR-指定戦のように細かい韻を踏み出すとエンペラータイムが始まる

その状態の崇勲には誰も勝てない。

  • DEARママ 俺が泡になる訳ないから
  • 男女平等 分かってないの 堂々 公共 新宿中央

のラインがめちゃくちゃ好き。

2ラウンド制の後攻だったら、日本一勝率よさそう。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその2
MUTON

UMB2019の王者。

個人的には年下、格下にはめっぽう強いイメージがありますね。

ポケモンでいうとサザンドラのようなラッパー。

対話ができないタイプかと思ったら、今年のUMBではめちゃくちゃ対話していてビックリした。

確かにチーム戦を見ていると、器用に立ち回れるタイプなんだなと感じる。

ダンジョンのチーム戦の時には、輪入道+DOTAMAが早口でまくし立てた後に、自分も続いて早口でうまくまとめていたし。

漢さんやGOTITにもバチバチだったので、結構負ける要素が見つからないMCではある。
というか、ただただ単純に、R-指定と戦うところを見たい。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその3
晋平太

復活しないのか、するのかどっちなん?と思いながら最近は見ている。

R-指定と呂布カルマだと、どっちかっていうと呂布カルマに負けそう。

昔のようなナルシズムがなくなったのが、個人的には残念。

バイブスと自分への絶対的な自信こそが晋平太ではないのか?と聞きたい。

最近では旬潤とのバトル(UMB2018 "THE CHOICE IS YOURS Vol.2")が、最高だった。
みんな思っていると思うのでハッキリと言うけど、ぶっちゃけ延長前で勝ってたよね。

「処刑の時刻を指す、ちょうどよく!」で昇天してたよね。

最近どこかでふぁんくも言ってたけど、本当に強い晋平太が帰ってきたんだなと思った。

先日の放送では、ブラックモンスターとして爪痕を残せていなくて残念だったが、またチャレンジしてほしい。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその4
輪入道

総合力の権化。

すべてのパラメーターが高いタイプ。

モンスターとして、相手を受け止めるよりも、チャレンジャーのほうが向いていそう

2016年あたりでは呂布カルマキラーとして君臨していた輪入道だが、KOKのインタビューでは呂布には勝てないと言っていた。

というか、あのインタビューが全体的に謙虚すぎて・・・。

とにかくバトル引退前にR-指定とまともにやりあってほしい。

R-指定と唯一当たったとき(ADRENALINE)もせめて延長やってくれていればなぁ、と思う。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその5
CIMA

安定感の塊。

大会の戦績アベレージでいうと、ここ数年はトップ3に入るのでは?

凱旋MC battle東西選抜春ノ陣でも優勝し、天敵mol53がいなければ優勝に絡むんだなと。

CIMAに勝てるとするならやっぱり呂布カルマよりもR-指定だろうか。

CIMAのパラメータを見てみると、フロウの部分が唯一見劣りする。

リズムキープはほぼ完璧だが、変わった乗り方をして沸かすタイプではない。

むしろそこで加点を狙うようなことをしないのがCIMAのカッコよさでもある。

昔のダンジョンのR-指定戦を見るとほぼ互角だが、R-指定側がフロウ+サンプリングの部分で差をつけているように感じた。

R-指定は何回かの敗北の中でCIMAに対する攻略法を確立しているのだろう。

逆に、そんなR-指定をCIMAが倒すところも見てみたい。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその6
MCニガリ a.k.a 赤い稲妻

復活の赤い稲妻。

UMBベスト4常連のニガリ

初出場のMUTONの勢いを止めたり、印象的な活躍をしているがなかなか優勝まで行かない。

1回ダンジョンを制覇しているから、タイトルを手土産に再挑戦して3代目モンスターを当確にしてほしい。

輪入道やR-指定と同じく、すべてのパラメーターが偏りがなくて器用な印象を受ける。

特にフロウの気持ちよさが半端ないですよね。

ダンジョンだと、年末のじょうとの試合の時の本丸炎上大阪城が忘れられない。

昔のことを少し話すと、第6,7回高校生ラップ選手権+東京予選でNAIKA MCを倒したときは強かった。

あーこれからはニガリの時代なんだなと思うくらいに。

呂布カルマ、R-指定を倒して、しっかりと世代交代を果たしてほしい。

格は十分。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその7
Lick-g

天才の中の天才の中の天才。

おそらく再登場はないと思うが、もしもあったら制覇の可能性はおおいにある。

というか、まずは裂固と戦ってほしい。

噂だと年末にKOPERUと戦ったとき、実はR-指定を希望していたらしいね。

だから、R-指定と戦いたいがために再登場がないとは言い切れない。

ディスが効かないラッパーはいろいろいるが、先日のダンジョン制覇のときに、Lick-gは新しい可能性を見せてくれた。

ディスられても「効いてません」ではなくて「聞いてません」という態度を取ることで、FORKや呂布カルマが説教おじさんに見せてしまうという新しい発見があった。

呂布カルマもリベンジしたいだろうし、近いうちに見られたらいいなぁ。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその8
GIL

ベテランの渋みがたまらん。

未だダンジョンに出ていないGIL。

UMBでは、2013年も2014年も紙一重でR-指定に負けたが、どちらに転んでもおかしくなかったと思う。

というか、「チャンプ何にビビってるのかな~」くらいまではむしろ勝ってただろ。

呂布カルマにも勝ったり負けたりしているし、チャンスは十分。

というか、最近の言葉のセンスがすごい。

MUTON戦の「食べ物も腐りかけが・・・。」のラインは本当にベテランにしか吐けない言葉だ。

都道府県選抜だったら、東京、大阪、埼玉、宮崎と並んで5強であろう福島。

なぜ、こんなにバトルに強いMCがあらわれるのか。

MUTONが「TAICに喰らわさせられた!」って言ってたけど、やっぱり憧れるようなMCがいると下が育つんでしょうね・・・。

そう考えると都道府県の代表として出場するUMBは、これからも盛り上がってほしい。

高校野球のように、選抜大会としてもKOK、全国大会としてのUMBみたいに棲み分けしてどちらも廃れることなく運営していただければと思う。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその9
MOGURA

DOTAMAよりもDOTAMA。

この前の第15回高校生ラップ選手権を見たときの感想がコレ。

MC松島といい、北海道ではこういうのが流行ってるんですか~!?

僕は藤KooSにも勝ってたと思う。

スタイルは、的確に矛盾を突いて、論破するイメージ。

変化球を投げると見せかけて、直球も投げられるタイプで、言いたいことがある相手にはバイブスでぶつかっていくことができる。

はっきり言って、強い。

変化球で思い出したが、MOGURAがラップを始めたきっかけが結構面白い。

野球部だったMOGURA、Youtubeで「フォーク 神」で検索したらUMB2006の「FORKvsHIDDADY」のバトルが出てきて偶然見たのだそうな。

だからFORKがモンスターにいるうちに出てほしい。

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその10
だーひー(日高大地)

2018年UMBでヤバかった男。

ムートンにディスられまくったけど、かなり食い下がっていた。

味方したくなるような、フレーズを吐くのが特徴。

いつ見ても、次のバトルを見たくなるようなMCだなと思う。

もしダンジョンに出て4thまで勝ち上がるときには、そうとう会場の空気をものにしているだろうし、呂布カルマやR-指定に対してもいい勝負ができるのではないか。

R-指定とのTシャツ対決が見たい。

HIPHOPの頂点を決めるようなバトルで両方ともTシャツの青年って良くないですか?

R-指定と呂布カルマを倒せそうなMCその11
Authority

今一番来てるMC。

まぁ今更言うまでもないけど、一応挙げとこうという感じですね。

今年のUMBの助演男優賞

カッコいいですよ、本当に。

GADOROに対して、すんごいワードを入れながら踏むなぁと思っているのですが、Authorityにも近いものを感じます。

(好きなGADOROのフレーズ)

  • こいつある意外性? 二面性 起源前三世紀から出直せ
  • 宴もたけなわ だけどここらへんで終わりだな なぜならば俺の方がヤバいぜ言語だけなら

とにかくどちらも、ワードのチョイスが好き。

アンサーしながら韻を踏む姿はまるで晋平太を彷彿とさせる。

どこまで強いのか知りたい。

そのために一度ダンジョンに出てくれ・・・!

最後に

他に出てないMCについては、ふぁんく、NAICA MC、RAWAXXX(MOL53)、SAM、ID、蛇、JAKE、歩歩、SNAFKN、PONEY(PONY)、じょう、GADORO、ミメイ、TERA_Z、U-mallow、SIVA、T-tangg、dopeman かな。

  • 3rdまでに取りこぼしそうな感じ
  • 呂布カルマやR-指定との相性
  • 個人的な見たさ
  • そもそもダンジョンに出なそうな感じ

これらを理由に外した。

53とか、見たいけど絶対出てくれないしなー。

個人的には「蛇」が好きなので、ぜひともオファーしてほしい。

君に興味があるようでなーい!って言ってほしい。

とにかく、今後のダンジョン、めちゃくちゃ楽しみですね。

ではまた。

JavaScript // jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン